So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

GPS将棋 電王戦 第5局 結果 三浦 [将棋]

スポンサーリンク




将棋の電王戦第5局三浦八段vsGPS将棋の
対局が4月20日に行われました。


今回の第5局は"人間" vs "コンピューター”の
クライマックスです。


感動的だった第4局が終わった時点で
"人間"側の1勝2敗1引き分け。


今回の第5局で"人間"が負ければ
人間側の負け越しになります。


もう後がない”人間”を代表して
戦うのはトップ棋士の一人三浦九段です。


三浦八段と言えば、羽生さんが7冠を制覇した
後、羽生7冠から最初にタイトルを奪った棋士です。


A級という将棋界のトップ10に12年連続で
在籍している正真正銘のトップ棋士です。


昨年度のA級のリーグ戦では羽生さんの
連勝を止めるなどの活躍でした。


今季のA級での順位は2位になります。


そんなトップ棋士と戦うのは
最強のコンピューターソフト”GPS将棋”です。


このGPS将棋はコンピュータソフトの中で
圧倒的な強さを誇る最強ソフトです。

このソフトは1秒間に約2億5000万手を読むそうです。

今回は東京大学に許可をもらい、
687台のコンピューターを使い
三浦九段と対局しました。

687台のうち3台が最終の”詰み”を読むために
使われ、1台が司令塔で残りの683台が
役割を分担して”読む”そうです。

1台だけでもアマチュアの棋士は全く歯が立たない
らしいのに、687台を使うと一体どれだけ強いのか
想像を絶します。

言ってしまえば1対687の戦いです。


三浦八段もさすがに厳しいかと思いますが・・・


結果は





完敗でした・・・


無念・・・


PS
名人を13連覇するなど将棋の神様と
言われた大山名人は、まだコンピュータ将棋が
生まれたばかりの時に
「コンピュータに将棋をやらせちゃダメだよ。
人間を追い越しちゃうから。」と言っていたそうです。


当時の棋士で大山名人以外にコンピュータが
いつか人間を超えると思っていた棋士は
いなかったようです。


将棋の神様・大山名人の先見の明は
すごいですね[あせあせ(飛び散る汗)]


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。